スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びぶ朗で歩度調整にチャレンジ!

この前買ったアナログ自動巻きのSEIKO5だいたい一日に30秒ほど進む、仕様によると規定範囲みたいだけどもう少し追い込めないのかと技術屋魂が…^^;
裏蓋開けて「緩急針」 をいじれば調整できるのは知ってるがとても微妙でカットアンドトライで難易度も高い。

ググってみると先人たちが色々チャレンジしてて、なかでもびぶ郎というパソコンを使って歩度測定機のフリーウェアを配布してる偉大な人も!!
さっそく先人たちに習いダイソーで買った防犯ブザーを分解して、中から圧電素子をいただいき音声ピックアップを作った。
皆さん増幅アンプに悩んで試行錯誤してるようだがここはさらっと手持ちのミキサーにぶち込んでみた。
パソコンのアナログマイク入力は音質レベルが悪いのだけどミキサー側でイコライジングしてなんとかトライしていたらまあまあの波形が出るようになった。
この時計は一秒間に6カウントでそれなりの水平線がでてる、遅らす方にちょんちょんと突いてあとは実際に様子見!

せっかく電波時計からアナログ自動巻きにして秒なんてアバウトでいいやと思いっても、やっぱ行き着くところはこうなるな~(笑

写真 2015-04-13 22 10 59写真 2015-04-13 21 33 03写真 2015-04-13 20 47 08写真 2015-04-13 21 34 26
スポンサーサイト

ELECOM キーボード Bluetooth2.0 TK-FBP013BK

ずいぶん前に買ったブルートゥースキーボード、8インチWindowsタブレットにピッタリ!
ファンクションキーでPCごとに設定を変えられるし、キーストロークもしっかりしてる何よりも日本語キーボードなのでキーと入力文字に相違がなく面倒な設定も必要ない。

最近ではもっと新しい製品がでてるからそちらのほうが良いかもです♪

ELECOM キーボード ワイヤレス接続 Bluetooth2.0 日本語83キー プレステ3対応 ブラック TK-FBP013BKELECOM キーボード ワイヤレス接続 Bluetooth2.0 日本語83キー プレステ3対応 ブラック TK-FBP013BK
(2009/11/25)
Not Machine Specific

商品詳細を見る

ASUS VivoTab Note 8 R80TA-3740S 考察

初Windowsタブレット!
これまでiPadやAndroidタブレット Nexus7を使っていた。
最初は物珍しさもあってスマホより画面も広く便利だなあと使っていたがそのうち段々と使用頻度が減ってくる。
そして最近ではホコリが被っている状態だった…
なぜなんだろう?と考えてみた!

思うにiPadもNexus7もiOSとAndroid、できることはiPhoneやXperiaスマホと変わらない画面が広くなっただけ!
片手で持ってると段々重くなるしフェイスブックにしてもスマホアプリでは出来ないこともあり、結局はノートマシンを使うことになる。
軽くもなく機能もノートマシンに劣ってしまう!要するに中途半端なわけだ。

Windowsタブレットはどうだろうか?スマホより重くノートマシンよりも非力で画面も小さいが、フルのWindows8.1が乗っかっていてできることはノートマシンと同等これまでのアプリも全て使える。長文は打ちにくいがそれ以外は寝転がっても気軽に使えるし携帯性も優れている。使い始めて一週間ほどだが動作速度もサクサクととても便利で気に入っている。

今後はどうかわからないが格段にノートマシンを使う頻度が少なくなった♪

ASUS VivoTab Note 8 タブレットPC ブラック ( WIN8.1 32Bit / 8.0inch WXGA / Z3740 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 / スタイラスペン 付属 ) R80TA-3740SASUS VivoTab Note 8 タブレットPC ブラック ( WIN8.1 32Bit / 8.0inch WXGA / Z3740 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 / スタイラスペン 付属 ) R80TA-3740S
(2015/02/21)
ASUSTek

商品詳細を見る

簡易ワイヤレスマイク

ずいぶんご無沙汰してました!

最近、Ustream中継にすっかりハマッてます。

USTでTVの中継風にリポーターをたててやった場合、インタビュー用の手持ちマイクが必要になります。
プロは当然ワイヤレスマイクを使ってますが我々アマチュアは高価なワイヤレスは買えません。
従って有線マイクを使用することになります。
特に無線LANを使って移動中継を行う場合、リポーターマイク→カメラ→パソコンとムカデ状態となりとても不自由です。
せめて、ワイヤレスマイクが欲しいと思い色々物色してました。
家庭用で一番安くて良さそうだったのがBluetoothを使ったSONY ECM-AW3。
しかし、胸や腕につけるピンマイク?使用でハンドマイクとしては使えません、予算的にも痛い。

で、Amazonで見つけたのがこれ!
ワイヤレスマイク
怪しいワイヤレスマイク

中国製で格安!この値段ならと思って買いました。
確かにS/Nは良くないけどアマチュアで使用するなら十分使えます。
早速、分解してコネクタの付け替え。

ワイヤレスマイク分解1ワイヤレスマイク分解2ワイヤレスマイク完成

これで直接カメラやパソコンのマイク端子に入力できるようになりました。
ちなみにミニのステレオジャックは1番ピンにホット、3番ピンにアースを接続するといけました。

カメラに入力するときはマイクレベルをオートじゃなくてマニアルで設定するのがキモです。
オートにするとAGCで無音時にノイズが増幅されちゃいます。

これで、次のモバイルUST中継はワイヤレス仕様で楽しみです♪

本当に中華恐るべし!です。


Twitterの楽しさと恐さ!

明けましておめでとうございます。

ずーっと更新サボッてました m(_ _)m

さて、遅まきながら昨年暮れからTwitter始めました。@yasu_z2


前からモチロン知ってましたが、やるとはまるのでできるだけ敬遠してました。
当然のごとくズッポリとハマっております(笑)

さてここから本題。

私はHootSuiteで自分の興味がある「バイク」「読書」を検索に入れ随時話が合いそうな人を見つけるとフォローして取留めのない会話をしております。このゆるい共有関係が心地よく楽しいです。

ある日献血の話で盛り上がっていました。「私は30回やった・・」とか。
そうするといきなり「新宿東口献血ルーム」さんからフォローが入り。
「いつも献血にご協力ありがとうございます・・」といわれました。
会話していた私たちはビックリ!

私がしているのと同様「献血」というキーワードでスキャンされていたのでしょう。
Gmailをお使いの方はご存知だと思いますがメールの内容に即した広告が出てきます。Googleは莫大な設備投資とサービスでユーザーを囲い込みこのようなピンポイント広告を行っています。

Twiitterを使うと同様に全世界のリアルタイムの会話から目的のユーザーを絞り込んでピンポイントで広告を打つことが可能と言う事です。
それも何の設備投資もなくです。Twiitter社はインターフェースを制作するのに必要なAPIを公開しています。誰でも自由にアプリケーションを作る事ができ、オープンな環境です。
これは恐ろしい可能性を秘めていると思います。

全世界の日常会話をデータベース化してマーケッティングに活かす!

・Twitter上を流れる会話を抽出、分類、整理しデータベース化する。
・会話を解析し意訳して目的別に仕分け。

など、会話解析エンジンを開発するとマーケッティング分野に計り知れない恩恵です。
しかも会話は140字以内なので解析しやすいと思われます。

言葉について長年のノウハウがあるJUSTシステムあたりが開発のりださないでしょうか?

インターネットの広告がマスからミニに転換してゆくきっかけになるのではと思います。

今後、色々な企業が参入するでしょう。

Twitter 社はそこまで未来をみてるのでしょうか?・・恐るべしです!

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
プロフィール

Author:yasu z2
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。